ひでペディア

ひでペディアは、ひでぴょんの誕生秘話(ひでぴょん伝説=沿革)から、会社概要、ひでぴょんの扱うシート素材から加工のいろはまで、いわばひでぴょんのデータベースです。


スクロールすることで流れるように閲覧できるランディングページ構成なので、クリックすることで別ウインドウが開き「あれっ?さっきのはどこだっけ??」なんてとまどうこともありません。
では早速スタートです! ↓↓↓

ひでぴょん伝説

ひでぴょんの誕生から現在に至る経過、いわば『沿革』です。
アニメ調でわかり易くウィットを交えてコミカルに表現しているので、ひとつひとつのコマを隅々までお楽しみください。

ひでぴょん伝説

ひでぴょんの誕生から現在に至る経過、いわば『沿革』です。
アニメ調でわかり易くウィットを交えてコミカルに表現しているので、ひとつひとつのコマを隅々までお楽しみください。

会社概要

ひでぴょん最新の会社概要です。
本支店・営業所・工場など、一般的なデータベースはこちらから。 会社概要です。現在は、岐阜本社をメイン舞台として、広々とした田園風景と長良川の支流揖斐川、遠巻きには山々に囲まれた抜群の環境で、のびのびと、且つ緻密に丁寧に加工作業に勤しんでおります。
近くを通られた際には(通らない?)気軽にお立ち寄り(できればアポをとって)下さい。

会社名

株式会社ひでぴょん

代表者

代表取締役 田邉英彦

所在地

■本社
〒501-0563 岐阜県揖斐郡大野町瀬古373-5
Tel 0585-36-1344 Fax 0585-36-1355

■岐阜工場
〒501-0563 岐阜県揖斐郡大野町瀬古102-2
Tel 0585-36-1344 Fax 0585-36-1355

■岡山支店
〒710-0252 岡山県倉敷市玉島爪崎914
Tel 086-523-5868 Fax 086-523-5878

■広島営業所
〒729-0106 広島県福山市高西町4-1-12-2
Tel 084-939-5443 Fax 084-939-5444

■福岡営業所
〒832-0816 福岡県柳川市三橋町久末741-3
取扱店:(株)ケイ・スタイルネット事業部

設立

平成15年10月創業(平成18年7月法人登記)

営業時間・定休日

とくに決めていません。繁忙期はそれなりに。

事業内容

製造業 シート(ブルーシート、トラックシート)加工、
防水カバー加工、各種業務用シート加工

シート素材

よく見る定番のブルーシートは、今やあちこちで使われています。農業に、工事現場に、防災に…。今ではブルーでないシートも多々ありますが、総称してブルーシートと呼んでいます。
さて、そのブルーシートにも、いろんな種類があります。ここではその代表的なものを紹介しましょう。

クロスシート

俗に言うブルーシートです。編み目がクロスしているのでクロスシートと呼んでいます。産業用、農業用などあらゆる分野で幅広く使用されており、使い捨てでなく何度も使用できます。3000番の他に、2500番(10×8)の継ぎ目無し1枚モノもあります。

UVシート

紫外線対策が施された、軽くて強い長寿命シートです。 紫外線耐候剤を用いているので経年劣化にも比較的強く、ブルーシートに比べ3~4倍の長期使用に耐えます。 継ぎ目なしの一枚ものは防水性にも優れています。 4000番、5000番があります。 ※写真はシルバー色

ブルーシート#4000(ブラックは当社のみ)

メッシュ-1・2類、ターポリン-1・2類、トラックシート4・5・6類等、各種オーダー加工できます。 なかでも、#4000ブラックは当社のみ、トラックシート4・6類は当社オリジナル、5類は軽量もあります。

アルミ/ブラックシート

#3000と同等のクロス(織物)生地に、アルミ蒸着フィルムを表面に使用し、光・熱を強力に反射します。高い遮熱効果があり、 破れにくくもあります。

クリスタルターボ(糸入塩ビ)

高温(80~120℃)下で、質量、風合いの変化を軽減!湯ぐれた寸法安定性と視認性を兼ね備えています。

エステルトラックシート

いわゆるトラックシートです。船の帆にも使用している帆布地(はんぷじ)なので強度は抜群です。 耐候性にも優れ、UVシートの強力版というイメージ。長期の使用が可能で、トラックシートとして根強く使用されています。吹きさらしの野天など、長期野積みにも最適です。

エステルシートにも、色・表面処理・厚みなど、用途や好みによって生地が選べます。 もちろん厚い(PE4M)ほうが引張強力は強いですが、耐水性はすべて同じです。 詳しくはお問い合わせ下さい。

軽量帆布は上記にくわえて、ブラックもあります。

さらにトラックシートには、カラー限定でオーダーできるオトクな商品をご用意。別途社名・車番などの印刷も可能です。

またウイング開きのトラックには、劣化しやすいセンター部分の補修シートもご用意しています。こちらは当社だけの実用新案登録済み。

どちらも丈夫で長持ち、安心の国産シート素材を使用。
お気軽にご相談・オーダーください。

ボンガード(カラーターポリン防炎)

産業用ポリエステル基布に、特別設計の塩化ビニル樹脂をコーティング防炎加工したものです。(財)日本防炎協会の防炎試験に合格しています。ZT5600FはJIS A 8952「建築工事用シート」の1類相当品で、ZTR2600Fは2類相当品です。

シートには、まだまだいろんな種類があり、ここで紹介するシートも、徐々に増殖していきます。都度サイトを覗いてみてください。
オーダー、問い合わせの際は、使途・目的などを具体的に相談いただければ、ご希望に合う最適なシートをご提案いたします。 

シート加工とマシン・ツール

シートを切る、型をとる、着ける、縫う、穴を開けハトメをつける…いろんな加工の工程があり、それぞれの工程の中にも、さらに細かい技術が必要とされ組み込まれています。当社は加工を得意としているので、どんな形にも対応できます。
お客様からの特異なオーダーでも、今までの経験とアイデアを駆使して、ニーズにお応えします

作業動画は『ひでTUBE』をご覧ください。

投稿日:2019-01-08 更新日:

執筆者: